2023.5.23

Appleの下取りプログラムとは? 中古買い取りとの違い

下取りとは?

下取りとは本来の意味で言うと、ある買い手が新品商品を購入するとき、売り手が代金の一部を割り引く形で買い手から古い製品を引き取る事になります。

単に中古品を売却してしまう中古売却(中古買い取り)とは少し違いますが、概ね中古買い取りでは売却と製品の購入がサイクルとして存在している事もあり、概ね同一に扱われている様に感じます。

アップルの中古iPhone・iPad下取りサービス

Appleトレードインとは
出典:AppleよりApple Trade In

Apple製品については販売元であるAppleにより下取りプログラムとして、【Apple trade in】という中古製品の下取り
(買い取り)キャンペーンが行われています。

Apple trade inとは

Appleの下取りキャンペーンは【Apple trade in】という名称で行われています。
対象となる製品はAppleで販売しているApple製品が対象となり、製品をアップルストア店頭もしくはオンラインで宅配買い取りの申し込みが可能です。

下取りを希望する商品の査定が完了すると金額分がApple製品の購入時に割引いてもらえる他、ギフトカードとして受け取る事が可能となります。

対象となる製品は次の通り。
※以下のリストは下取りの結果、割引やギフトカードという形で買い取り価格が案内されている物になります
※その他Apple製品は割引等は受けられませんが、不用品のリサイクル回収という形で引き取りが可能と案内されています

・iPhone(iPhone7以降)※iPhone6s、SE以前の記載無し
・iPad
・Mac
・AppleWatch(series4以降)※series3以前の記載無し

※iPad、Macについてはモデル別の案内で機種や年式での記載はありませんでした。

詳細は以下
関連サイト:Apple trade in(Apple公式サイト)

下取りと中古品の売却のメリット

Appleの下取り価格
出典:Appleより下取り価格表
(23年5月22日)

下取りや中古買取を利用すると金銭的な面で大きなメリットがあり、当店としてもオススメですが、その背景には特にiPhone等の製品が年々高騰している事が背景にあります。

インフレや為替といった社会的な要因がかわかっていますが、結果として端末価格の高騰は、iPhone14シリーズでは、価格は以前のiPhone13シリーズから大幅な値上げとなり、最安価モデルで発売当初の価格を比較すると以下になります。

iPhone13:¥98,800〜
iPhone14:¥119,800〜

更にiPhone13の価格は一度、価格改定を経て、¥107,8000〜
とやはり高騰をする結果となっていました。

新型のiPhone15が発売された場合も最安価のモデルからより高騰すると考えられます。
そのため、最新機種への買い替え、機種変を行う時に下取りや買い取り点への売却を行うことで端末代金の負担感を減らせる事は大きなメリットといえます。

 

 

Appleで下取りする時のメリット・デメリット

Appleによる公式のサービスですが、買取店とは個別の事情からメリットとデメリットが存在します。

Apple trade inのメリット


信頼性
Appleのサービスとして考えるとiPhoneやiPadを販売している会社のサービスであるので公式の買い取りサービスと言え、色々なお店が存在する買取店よりも会社について知っている点も利用する心理としてはとても安心感があります。

価格
買い取り店に比べ、特に古い機種では最大買い取り価格がより高額であり、刻印が入っている場合でも買取店では減額の可能性が高いですが、Appleでは下取り価格に影響がないとされています。
また、査定についても実際利用した方によれば意外と傷が合っても減額が無いとの話もあります。

Apple trade inデメリット

価格

23年5月26日追記
Appleは下取りプログラムで6月29日まで増額キャンペーンを開始しました
出典:Apple trade in


古い機種においては買取店、例えば当店の価格よりも高い機種が存在していますが、新しい機種となると一転して買い取り店のほうが価格が高額である場合が増えてきます。

ただし、まれにAppleでも下取り価格が一時的に増額される事があります。
不定期で増額幅も予想出来ませんが、タイミングよく下取り価格が上がっている場合は一考の余地があるかもしれません

支払い方法
Appleを利用した下取りの場合、その価格はギフトカードか端末購入での割引という形での支払いとなります。
買い替えや自社製品の購入促進が目的であると考えると不自然では有りませんが、お金の使いやすさという点では買い取り店による現金での支払の方が利便性は高くなります。

買取店とAppleの下取り、どちらが良い?

Appleの下取りと中古買取り店のどちらが良いか迷うかもしれません
利用する場合、事情や都合にあわせて判断すると良いですが、一般的な観点から分けられます。

Apple trade inの利用がおすすめ

・古い機種(iPhone7や8)を手放したい
・iPadやiPhoneに刻印をAppleで購入時に入れている
・Apple製品を新しく購入する
・Apple Store(実店舗)を利用したい
・Appleだから安心できると感じる

中古買取り店をオススメ

・比較的あたらしい機種である
・iPadやMacの機種別の買取り価格を知りたい
・買取り店で信頼できるお店を知っている
・現金での支払が良い

当店もApple製品の買取りを行っています。
特に買取り金額がきになる方はぜひ一度当店の買取り価格を御覧ください!

買取り価格

当店の買取価格の一部を参考のためご紹介します。
ぜひAppleの下取り価格表と比べて見て下さい。
※それぞれSIMフリー版、ネットワーク判定○での買取り価格となります

iPhone13 128GB 【中古美品】〜71,000円 【使用感あり】〜67,000円 

iPhoneSE2 64GB 【中古美品】〜17,000円 【使用感有り】〜14,000円

iPhone8 64GB 【中古美品】〜6,000円 【使用感有り】〜4,000円 

上記以外の買取り価格については下部のバナー、もしくは画面→の無料買取り査定から仮査定ページでご確認下さい。
※そのまま必要事項を記入して送信していただくとそのまま買取り申し込みも可能です。

文:玉谷

iPhone買取価格検索はこちら
iPad買取価格検索こちら
AppleWatch買取価格検索はこちら
MacBook買取価格検索はこちら
お得な中古端末購入はこちら
  • ツイッター
  • フェイスブック
  • ライン
修理担当リーダー
たま

【 実績・経歴 】 2021年7月入社 ・端末修理担当 ・修理担当リーダー ・年間約3,200台を修理 【 休日の過ごし方 】 家でAmazonの安売りを見ている 【 好きなもの 】 パソコン、ゲーム、馬

お問い合わせはお電話でも受け付けております
受付時間 : 10:00〜17:00(日・祝日除く)

買取査定・お問い合わせ

無料・かんたん入力のオンライン査定です。

とりあえず相談したい方はこちらから!